HOME > 輸入壁紙(クロス)の魅力

輸入壁紙(クロス)の魅力

輸入壁紙(クロス)は、室内を飾るインテリアの一部。その美しい色使いやデザインで素敵なお部屋を創り、家具などのインテリアをいっそう引き立てます。

壁紙の歴史

壁紙の歴史

壁紙は古くからヨーロッパ、またはアメリカで親しまれてきました。
ちなみにもっとも古いのは、イギリスで発見された1509年製の壁紙です。

日本では、経済成長期にあった昭和40年代に一般家庭に広がりました。 しかし、経済性と効率化を優先した日本では、壁紙はインテリアではなく、住宅建材の一部として考えられたのです。 そのため、最低限の予算で張ることのできる白色のビニールが主流となりました。

日本での壁紙

日本での壁紙

日本製の壁紙の80%以上は、白やベージュの無地です。

海外の壁紙はほとんどに柄があり、無地でも美しい色彩を持つものばかりです。
「色物や柄物はコーディネイトが難しい」「狭く感じる」と思う方もいるかもしれません。 しかし、インテリアと調和した壁紙は、室内をより心地よい空間にします。 また、鮮やかな壁紙で室内をコーディネイトする作業は、楽しいひとときとなるでしょう。

輸入壁紙(クロス)ならではの魅力

現在、海外では多くのメーカーが多種多様なデザインの壁紙を作っています。室内をより魅力的にするインテリアの一部として、壁紙は広く認識されているのです。

人間は美しいものに出会うと想像力が刺激される生き物です。

輸入壁紙(クロス)はそんな私たちの感性に働きかけ、心地よいインテリア空間をもたらしてくれます。

このページの先頭へ