【芸術の秋】アートなゴッホ壁紙を大特集

商品紹介
壁紙の魅力

こんにちは。

10月になり徐々に涼しい日も増えて、秋を感じるようになりました。
猛暑だった夏が嘘のようですね。

今年はコロナでイベントや行楽を楽しむ機会が減ってきてしまっていますが、
季節は変わらず移り変わり、私たちを楽しませてくれます。
四季の中でもとりわけ楽しみの多い秋。
「食欲の秋」「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」...
みなさんはどの秋が好きでしょうか。

今回は「芸術の秋」にフォーカスし、テシードの扱う壁紙の中でもとりわけ人気の
「ゴッホ壁紙」を紹介したいと思います。
アートファンには特におすすめのコレクションです。


「VAN GOGH MUSEUM」コレクション紹介

「VAN GOGH MUSEUM」は、アムステルダムにあるゴッホ美術館と、
オランダの壁紙メーカー「BN WALLCOVERINGS」とのコラボレーションから生まれました。
ゴッホが日本美術から影響を受けて描いた絵を元にしたデザインを多数収録しています。
特有の大胆な厚塗りや筆あとをエンボス加工と陰影のはっきりしたプリントでリアルに表現されています。
力強い色彩の世界に引き込まれてしまう、圧倒的な個性を持つコレクションです。

blg_gogh01.jpg


おすすめのデザインをPick up!

1714017140THE BLOOMING HOUSE7 17140

モデルの絵
「花咲くアーモンドの木の枝」1890年

花咲くアーモンドの木の枝

モデルはゴッホが精神病院に入院中、弟のテオに子供が生まれたことへの祝福に描いたという絵。
ゴッホは新しい生命の象徴として、アーモンドの木の枝を選んだそう。
この絵はゴッホが亡くなる半年前に描かれたらしいのですが、力強く希望に満ちた絵で、そんなことは微塵も感じさせません。
ゴッホ壁紙の中でもダントツ人気のデザインということも納得の美しい柄です。



220000220000THE BLOOMING HOUSE7 220000

モデルの絵
「チャイニーズアスターとグラジオラスの花瓶」1886年

チャイニーズアスターとグラジオラスの花瓶

厚塗りで描かれた静物画の、花の部分を切り取ってデザインされています。
ゴッホ特有のベタっとした厚塗り感をエンボスで見事に表現しています。
ゴッホ壁紙の中では一番立体感を感じられる壁紙です。
元々の色彩はレッド系ですが、ひまわりを連想するイエロー、深いグリーンもあります。



220024220024THE BLOOMING HOUSE7 220024

モデルの絵
「ジャポネズリー:梅の開花」1887年
※歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」の模写

ジャポネズリー:梅の開花

ゴッホが日本美術に影響を受けていることが一番よくわかる、歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」の模写です。
その梅の花を切り取ってデザインされています。
模写なので構図自体は広重のものですが、背景の塗り方はゴッホ独特の筆遣い。
その筆遣いまでエンボスとプリントで絶妙に表現されています。

紹介した3つのデザインは、テシードの国内在庫品となります。
カタログに掲載していますのでチェックしてみてくださいね。※カタログ請求はこちら




ゴッホ壁紙の施工事例

壁紙ならゴッホの絵画を壁一面に飾ることができちゃいます。
ディティールが美しく、鮮やかで個性的なゴッホの壁紙はインテリアのアクセントとして最適です。
お客様より沢山の施工事例を提供いただいています。
クローゼットやトイレ、子供部屋、ダイニング、寝室、廊下まで。
様々な空間を華やかに彩っています。
単体で見ると大胆で少し派手?と思うかもしれませんが、 実際に貼ってみるとインテリアにしっくりなじむのがゴッホ壁紙のすごいところ。
施工事例をご覧になってイメージを膨らませてみてくださいね。
以下の画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。





いかがでしょうか? ゴッホ壁紙の魅力が少しでも伝われば嬉しいです。
実物の見本帳をご覧になりたい方はぜひ東京ショールームへお越しください。※要予約


VAN GOGH MUSEUM掲載ページ
VAN GOGH MUSEUMは以下に掲載しています。詳細をご確認いただけます。



ゴッホ壁紙特集動画
Youtubeでもゴッホ壁紙特集をアップしています。
商品企画の大木が詳しく解説していますので合わせてご覧ください。
また、実物の見本帳のイメージ動画も入れていますので、収録されている全デザインもご確認いただけます。




今回は芸術の秋にちなみ、アートなゴッホ壁紙をご紹介しました。
それでは、また。

minori